FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
寄付
今日、また寄付をいただいた。

長野に住むFさん。

どんな経路でイベントのことを見つけてくれたのかはわからないが、あの日、軽井沢に見に来てくれたお客様である。そして、イベント宛にわざわざメールをくれて、今日の運びとなったのだ。
(今思うと、イベントのことが信濃毎日新聞に掲載されたときも、その記事を送ってくれた人ではないかと・・・Fさん、そうですよね?)


いやとにかく・・すごい。すごい気持ち・・・だ。
心からありがたい(涙)。

で、「寄付の振込先は」なんてメールでやり取りしてるうち、
我が家から車で10分ほどの距離に住んでらっしゃることが判明。

いきなりどうかとも思ったが
「もしよければ、直接お会いして手渡しで・・・」なんて申し出てみたら、彼も快くOK。それで今日、我が家のほうまで来てくれて、近くのお店の駐車場で待ち合わせ、そこで「取引」が行なわれたわけだ(笑)。

「目印は胸の赤いバラ」ってわけにはいかないので(ホントはやりたかっったかも・・・笑)、「グレーのTシャツを着てます」という言葉を頼りに、駐車場に入ってくる全ての車の運転席を、マジマジとのぞき込む少女一人・・・・ん?・・少女?・・まぁ流せ・・(笑)

だって違うヒトに声をかけてしまったら恥ずかしいし
性格とか印象だってどんな人なのか全然わからないし
いつしか初めてのデートってくらいの心持ちになって
必死で平静を装いつつも脈拍は180くらいに上昇してた(爆)。

しかし、ほどなくご対面できたFさんは、ものすごい感じの良いヒトで、「そらそうだよな~。こんな風にわざわざメールくれて、イベントを応援してくれるなんて、悪い人であるわけないよ」と嬉しくなり、ついつい駐車場でしばし立ち話を決め込んでしまった。

彼は「なにか手伝えることがあったら、言ってください」と、今年の苺も応援してくれていると言う。

そんなことを話してるうちに、「繋がって」ることがわかってきた!
なんと我が相棒が仕事でものすごくお世話になってる人と、Fさんは思いっきり知り合いだった。なんだか、意味無く嬉しくなる(笑)

そういう繋がりがあらわれると、逆に「はじめは誰の知り合いでもないんだよなぁ」ということが、よけいに意識されたりする。

ほんと・・・なんの損得もないのだ。
ただ「楽しかった」とか「好きなんですよ」とか、そんな「気持ち」だけで繋がってゆくことの嬉しさを、また改めて感じた。

あるいは逆の立場だったら、私にできるだろうか・・とさえ思う。
どんなに立派な主旨を掲げてるイベントだったとしたって、その主旨に賛同し、ただ「自分は楽しんだよ」ということを以て、全てを信じ、わざわざ逢いに来てくれるなんて・・・。

私達は自分の事を知っている。
真剣であることも、誠実さも、ウソが無いことも、自分のことであるから。
だけど、お客様は、あの数時間を一緒に過ごしただけなのだ。

それだけで、私達の全てを信用してくれたということだ。
それだけで彼は、自分の時間と、お金を持って、
今日、此処に来てくれて、
今、私と話をしているのだ。

ものすごい信頼だ。
ものすごい力だと思う。

そういう強さをしっかりと受け取りたいと思う。


↓お顔を出してもかまわないという許可をいただいたので、パチリ!
20070731Fさん

スポンサーサイト
【2007/07/31 22:14 】 | 独り言 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<スタッフライブ見学 in 国立リバプール | ホーム | 会場装飾>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ichigokikaku.blog81.fc2.com/tb.php/126-9510d2c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。