FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
コーラス譜
20071005コーラス譜


写真は、既にメンバーには配布されている、サージャント全曲のコーラス譜である。

teaさんが~♪
夜なべ~~をしてぇ~~~
コーラス~譜、作ってくれた~~~♪ ってなもんだ(笑)


「譜面は読めません。全部音で覚えるんで・・」
な~んて言うと、時にカッコヨク聞こえることもあるが(笑)
サージャントチームにおいては、そうそうツッパッテもいられない(笑)


ところで・・こういっちゃぁ、あんだが・・(笑)
バンドをやる人って、どうしても楽器にプライオリティーを置き過ぎる傾向が強いように感じる。というか・・・歌やコーラスの位置づけが・・・・低い。

だって・・シロートにはわからない程の微妙なチューニングに神経を研ぎ澄ますバンドが、誰が聞いても大幅に合ってないコーラスを無頓着に披露してくれることって・・・、珍しくないではないか!(笑)。

音楽を「やる人」はわからないけど、ライブを聞いてくれる大半の「聞く人」は、どれだけ早くギターを弾くだとか、チョッパーだとか2フィンガーだとか、手数の多さとかタムの多さとか、そんな・・・「部分」を聞いてない。

しかしそれは、
音楽をやらない人には「わからない」ということではない。

逆だ。
部分を聞かず、音楽自体をただ感じる彼らだからこそ
理由なく全体を聞いている。
なんの理屈やテクとか知識とかでなく、
単純に楽しめるかどうか、を感じとる力を持っている。


私は思う。
人の声の持つ力って、やっぱり凄いものがあるって。
そんじょそこらの楽器にゃぁ、人の声には勝てない。
こめた気持ちを伝える力・・・
それが、どっちの方向であれ、圧倒的にパワーを感じるし
ダイレクトに客席にむかってくる。

ステージの上の人の声がピッタリと重なって
客席に向って歌が押し寄せてきた時
私は、鳥肌が立つ。
どんな大きな音の楽器よりも
ものすごいパワーと音圧を感じる。

苺では
楽器だけでなく、声もフルに使って音を作りたい。

その声に、私たちの気持ちや、やってきたことを
全部乗せたい。

だから・・・普通のバンドリハでは
まず作ることのないであろうコーラス譜が
ここではアタリマエに配られ
メンバーはアタリマエに受け取った。

スポンサーサイト
【2007/10/01 18:39 】 | 独り言 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<弦楽器メンバー | ホーム | 首脳会談>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ichigokikaku.blog81.fc2.com/tb.php/153-2c67b48e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。