FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
嵐を呼ぶ男
昨日、私はそのまま東京会議室に泊まりこみ(ようはスタッフのうに宅に宿泊)、なんだかだで寝たのが明け方4時半。
朝起きたら、酷い雨が降っていた。

なんでも季節外れの台風が来ているのだそう。
ふんっ・・・どうやら今日のリハ、あの男が来るに違いない。

そう・・・セナで語るこの男・・・その名はtelu。
名実共に語る、「雨男」である(笑)。
20071027ラスト曲


しかも、ただの雨で充分なのに、台風まで連れて来るとは、相当気合が入っているようだ(笑)。

その台風男teluは、SE(音響効果)を担当してくれている。
サージェントのアルバムには、オーケストラやインド楽器といったジャンルを超えた楽器ばかりでなく、たくさんの効果音が使われている。ニワトリや豚などの動物の鳴声や、目覚まし時計や観客の歓声などだ。

teluは、そういった音源を収拾し、あるいは作成し、そのタイミングで音を流す。そういった意味では「SE」という1つの楽器を、彼もまた演奏しているのである。

そしてサージェントチームのSE以外でも、イベントの「音響全般」の担当として、様々な場面で動いてくれている。たとえば、PA機材(マイクなどの音響設備のこと)のないスタジオでは、自前の機材を運び込んでくれることもあれば、ある場面で使うバックミュージックの選定までお願いしている。

今日はその、お願いした場面の曲の候補を、3曲選んで持ってきてくれた。
聞かせてもらった3曲の中から、私は迷わずに決めた。
曲としてのイメージは、最初に想定してたものとは違う方向なんだけど、その曲のテーマが好きだった。

そう、大好きな曲だ!
なぜ忘れてたのだろうってくらい・・この曲って・・すごく苺に似てる!

選曲に当たって私が伝えたのは、曲のイメージだけだ。
しかし彼が選んだ曲はどの曲も、単に曲調のイメージだけでなく、その曲の持つテーマ、意味合いを意識したものだった。
聞かされてみると、確かに音楽というのは、その曲に染み付いた意味がある。その曲を聞くと思い浮かぶ映像やストーリー、その映像と結びついた感情がある。

さんざん「気持ち」にこだわる苺のやり方としては(笑)
そういう選び方は、ぴったりじゃないか。
いや、それでこそ苺だ(笑)。

teluはそれを知っていた。それに気づいてくれた。
それが、嬉しかった。

teluが選んだこの曲、イベントの最後のある場面に使われる。
覚えていて、この記事。
そして「この曲か!?」って気が付いたら、
たっぷりそのイメージを、感じてみて。


でもさ・・12月の台風は勘弁してよ(笑)

スポンサーサイト
【2007/10/27 11:02 】 | 独り言 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<台風の長い1日 | ホーム | メイン司会者決定!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ichigokikaku.blog81.fc2.com/tb.php/175-31f512bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。