スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
ゲネプロ本章
ぎゅうぎゅうに詰め込まれた部屋で、通しリハが始まった。
リハである。
そして、スタジオの広さの事情により、スタジオの中にはいわゆる純粋な「見学者」はほとんどいない。次の出番を待つメンバーと、PAスタッフ、会計スタッフ数名程度だ。

それでも・・・、そこには"ライブ"があった。
客がいなくとも、演奏者は「魅せる」エネルギーを出せるものなのだろうか。
それとも「魅せる」ためではなく、
この半年間で創り上げてきたものはすでに曲に組み込まれ、
楽器を鳴らせば音が出るように、歌を歌えば声が出るように、
その曲を構成する一部として、すでに存在しているものなのだろうか。

この写真を見て欲しい
私のヘタクソな写真からも、何かを感じないか。

初期チーム
20071202_23初期

20071202_24初期


ソロチーム
20071202_22ソロ


SGTチーム
20071202_11SGT


インドチーム
20071202_21インド


オケチーム
20071202_31オケ


写真を見ているだけでも、動機息切れがする(病院行け・・笑)
この、現場にいることを、想像してみてほしい。

音の数だけでも凄い。
人の数だけでも凄い。
ハコの広さに対する密度もオーバーフローだ。

だけどそこに、その人数以上のモノが生まれている。
靴の数以上の誰かがはいりこんでいる。
20071202靴


この真剣さは、誰のためなのだろう。

創り上げてきた苦労を思ってなんかじゃない。
いま、純粋にここに存在するものが、それだけで私を圧倒する。

主催の相棒と、目が合った。
走り出したくなるような鼓動を抑えて
「いいね!」
ただそれだけを交わした。

音楽的な反省点のことをではない。
それは練習で作ってゆけるものだ。これからでも。
だけどこういうエネルギーは
作れるバンドとそうでないバンドがある。
ここには、ソレがある。

これを、軽井沢に持ってゆく!



スポンサーサイト
【2007/12/04 16:18 】 | 独り言 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<みんな主役はってます(笑) | ホーム | ゲネプロ序章>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ichigokikaku.blog81.fc2.com/tb.php/213-bb834c05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。