スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
九州から来てくれた ふぁくとさん
ってなわけで、私のレポートはさておき
「いったい、苺苺苺ってなんだよ」って思ってる人の為に(笑)
1つ紹介したいブログがある。

ふぁくとさんという人物がいる。
私は数年前に一度大阪で会ったことがあるだけだが
SGTチームでドラムを叩いたはたやんと、スタッフのとももさんの友人で
その二人が強力に「見にこい」攻撃をかけた。

まさに彼は「いったい、苺苺苺ってなんだよ」派で
だけど、文句言いながら来てくれちゃうところが、すでに「オバカ」の要素をたっぷり持ってる人で、だからこそ、はたやんととももさんは、感じてくれるという確信の元に誘いをかけたのだろう。

実はこの誘いをかけた張本人のはたやん、
去年の苺で、まったくふぁくとさんと同じ立場だったのだ。
彼は何も知らずに誘われてやってきて、なにもわからないまま現場でポストカードの販売を手伝わされ(笑)、後半ではすこし誇らしげに「Starting Over」の鐘を鳴らしてくれた(笑)

だからこそ、ふぁくとさんを誘ってくれたのかもしれない。
おまえ、なんでもいいから、とにかく来てみろと。

私は相棒とよく冗談で言っていた。
「とにかくさ~、来て見てから決めてほしいよね。
 来るか来ないかさ~!」
このパラドックス、スタッフならわかってくれるだろうか。
変な理屈だけど本気の本音なのだ(笑)

で、そのパラドックスを実践してくれた一人が、このふぁくとさん。
彼が書いてくれたブログには、その気持ちの推移が実によく描かれている。

彼は半年を通じてスタッフだったわけではない。
イベントのHPを見てくれたかどうかは知らないが
少なくともこのブログを読んではいないと思う。
つまり私たちが発信し続けてきたことを、前もって文章で仕入たりしていない。
何かを期待して来たわけではない。
現場で感じてくれたのだ。

それが、とにかく嬉しい。
まぁ・・いいかげん私の長い前置きはさておき、読んでみてほしい。

---------------------------

九州から見に行った人、僕の他にいたのでしょうかね?
どんな寂しい1日になるのだろう…って考えてた。

東京駅でサンポちゃんに偶然出くわした。会うか!普通。
サンポちゃんは大阪人やで。おんなじ長野新幹線に乗るか!普通。
話し始めたら、マブジョンさんに会った。会うか!普通。
マブジョンさんは11月に福岡でも会ってるし、ひと月に2回出会うか!普通。

万平ホテルに到着した。姉ちゃんとはたやんの顔を見つけた。
すごく、嬉しそうな顔に見えたよね。「来たぜ!」って言った。
弁当を渡されて、何コレ、弁当付きのライブ?
もう客席には数十人の人が座っていて、
責任者の人が何やらステージ前でしゃべっている。
ま、いっか。サンポちゃんと一緒に弁当を食ってしゃべってた。

はたやんが隣に座ったんで
「はたやん、すごいじゃん。結構客集まったね」って。

「何ゆうてんのん。コレ全員スタッフやで」
俺、頭悪いよねぇ。「はぁ?スタッフ?スタッフ弁当…。」

ど、どんなだ!関係者だけで数十人かい。会場いっぱいやんけ。
数えてないけど、ひ、百人超えてましたか?
で、俺もスタッフですか?ひょっとして。
なんか、来てたぞ~メール。ジャケットの顔になれって話。

「ハ~い、ジャケット班の人、きりーつ」
まだ、ちょっと小パニックから脱していなくって、立ちそびれた。
「し、しまった。俺のことだったんだ」
ジャケットの最後列一番左端の白髪のじいさんが俺らしいんです。
メイクの人から「1時間後に来てください。メークします。」
って指示された。うう、大丈夫、俺。誰に扮するのか人物像も知らないし。

自分の向かって右隣に立つ(同じく)白髪のじいさん役の男性を紹介され
一緒に行動すれば間違いないから、安心してくれと説明された。
実は、前日にジャケット班のリハもあったと聞いた。
ま、いっか。何とかなるし。

打ち合わせが一通り終わって、会場から出て客として再入場した。
「はい、チケットをお見せください。」
「え」お俺、チケット持ってないじゃん。うう、どするん?
って、少し困ってたらさっきまでステージ前で仕切ってた
代表の男性(tea氏)が「ふぁ、ふぁくとさん?」。「うう(俺の心の訴え)」
「待ってました、ふぁくとさん。話は聞いてます、手続きは無用です。
さあさあ、中に入って。一度お会いしてますよ、大阪で。」

昨日の夜までは、姉ちゃんから「ふぁくちゃんに手伝ってもらいたい」
ってメールやら電話やらで説得されたけど、
「ばっきゃろぅ。福岡から軽井沢までライブ見に行って、手伝えだぁ?
ゆっくり客席で見せろ!」って、多少あったま来てたけど。
何か違うかも。って気付き始めた。

1時間後に、メイク室に入ったよ、一番左端のじいさんになるために。
気が進まなかったけど。「ハイハイ、じいさんにしてください」
メイク室の隣の席にはたやんが座って、リンゴになっていった。
すごいよね。はたやんが本物のリンゴになってるし。
ハンガーに手作りのミリタリーコスチューム吊ったるし。

メイクの女性(ゆかりさん)「ふぁくとさんですか?誰になります?」
俺「左端のじじいです。」
メイクの女性「その役はとももさんが確保していた役ですよ」
か、確保?ですか。
おぼろげに分かって来た。俺、ある意味、招待されてたのかも。

ライブが始まり、マックリー(シェアスタジアムチーム)やハッピーさん(ソロジョンチーム)たちの素晴らしい演奏を客席で見た。
※この日のライブは「シェアスタジアムライブ再現」「ジョンのソロライブ再現」「サージェントアルバムの【生演奏】再現」の三部構成。詳細は、最下部コミュリンクを参照。普通に考えれば、最初の2つのライブでも必見。個人名称は、それ以前の自分の知り合いのみ掲載。

そして、ついにそれは始まったのです。
「サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンド」
自分が頭が悪くても、何でもいいや。もう分かってました。

ステージに登場したのは、ビートルズではなくペパー軍曹。
馬鹿もほどほどにせい。絵でしか見たことのない人物。
でも、一目彼を見た瞬間に本物の軍曹に見えたんだよ。
演奏が始まる時には、もう世界に入っていた。たぶん、大多数の
オーディエンスが「自分があの世界に入った」と気づいただろうね。

ウィズアリトル、ルーシー。全部あの世界。
ステージ上の倍数のビートルズ(説明困難)、インド楽器のメンバー、
本物のオーケストラ。全員が、
「サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンド」だったんだよ。
どんどん曲が進んでく。あのアルバムのまんま進んでゆく。
カイトを名乗るピエロとペパー軍曹が、オーディエンスをもっともっと
世界に引き込んでゆくよ。
隣の席でサンポちゃんが涙を流してるし。

リタの最後に姉ちゃんが背中を突っついた。
「そろそろ準備してね」
鶏の鳴き声とほぼ同時に席を立って、観客席を後にした。
考えられないよ、まだ見てるのに。見たいのに。
でも、その時に、俺はこの、
「サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンド」の
一員なんだって確信した。
「ジャケットの最後列一番左端の白髪のじいさん」になれる。

グッドモーニングはトイレで聞いて、
リプライズはジャケット班の最後列で聞いた。

アデイインザライフのエンディング。
本物のオーケストラのうねりをステージの袖で
聞くことになった。指揮者の高揚ぶりが伝わってきたよ。
ジャケット班のみんなと、ステージ上に並んだ。
端っこじじいはビートルブーツを履いていたので、
足下が不安だったけど、用意された牛乳箱に乗って、
ジョンレノン風のサングラスを外したよ。

ド~~~~~~~ン~~~~~~~~~~~~。
って音とともに、
「サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンド」の
あのジャケットの図柄と同じ絵を、ステージで再現したんだね。

この日記を書くのに、2時間かかりました。
泣きながら書いています。どう書いたら伝わるのか分かりません。

代表のtea氏は、すべての演奏が終わった後、ステージに再登場し
こう言いました。
「演奏者、スタッフ、そしてオーディエンス。この場に居合わせた、
すべての人が【サージェントペパーズロンリーハーツクラブバンド】
だったんだよ。」

そうだよ、絶対。これ以上説明できないし。
僕を招待した友人は、一緒にそれを体験したかったんだね、僕と。



スポンサーサイト
【2007/12/17 23:56 】 | 独り言 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<苺裏舞台 <影の力編> | ホーム | 本番のレポート>>
コメント
本番見たかった。
やっぱり、本番見たかったなぁ。
特に、フルオーケストラの
A Day In The Life
もう一生体験できないライブを
見逃した気分、、、。
【2007/12/18 22:17】| URL | fuku #-[ 編集] |

>fuku
ほんとにありがとう!
(fukuは、前日だけでも手伝いたいといって、午前中、ステージ組やPA機材の運搬あどを手伝うために、長野からきてくれたカッコイイ男です!)
うん。fukuさんには、本番見てもらいたかった~。だけど前日の午前中の、fukuさんが組んでくれたステージの上で鳴ったオケは、確実にfukuさんの気持ちが混ざってたからさ~、参加はしてくれてたんですよね!!

【2007/12/19 12:36】| URL | ☆りっちぃ@管理人 #pBoZlR9Y[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ichigokikaku.blog81.fc2.com/tb.php/222-a81007fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。