スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
苺裏舞台 <あがき編>
これだけの大きいイベントだ。
当然イベントとしては、準備万端、悠々たる態勢で会場入りしたことは想像に固い。
固い・・・固いが・・・・固いかもしれないが・・・・・
・・・ま、その・・・・・そこんとこは・・・・実はぎりぎりで動いてることも多々あり・・
 そ、そう! 「柔軟性」だ! 柔軟性を大切にしたかったんだ・・・・・(苦)

その編の「アガキ」を一部紹介したい。

まず、一部スタッフは7日の夜に軽井沢入りした。
首脳スタッフ+8日の朝から会場作りを手伝ってくれるという人々だ。

下は・・・ラストシーンの演出を、まだこねくりまわしてるスタッフ。
左に見える背中はスタッフうに。会場に飾るオケメンバーの紹介文を印刷している。
何故そんなものを今さら印刷してるかって?
「オケの紹介を会場に貼りたい」と某首謀者がいきなり発言したのが、
・・・・昨日の夜だったからだ・・・・<(_ _)>

ただいま7日の27時・・・というよりも8日の朝3時。
明日本番という状況を把握してるのか>私達(笑)。
20071208ラスト


8日の朝、PAやステージのセッティングから始まったことは前に書いた。
13時になると他の殆どのスタッフが集まり、できあがったステージの上で、PAのJUKEさん主導の元、音作りがはじまった。その後各チームのリハが続く。このJUKEさんのことは、別記事でとりあげるとして、「裏舞台」をタイトルとしてる本日の記事としては、そのメイン会場のリハの裏で行われていた作業について、焦点をあててみたい(笑)。

まずメイク衣装班の大奥部屋(笑)
20071208衣装
ハッピーヴァレイには控え室がついており、仕切り板の使用によっていくつかの部屋に分割できる。今回は一番奥の部屋をメイク衣装用に使い、もう1つ仕切った小さい部屋を、インド楽器隊の調弦とリハ室に当て、残った広めのスペースをバンドの控え室にした。そして会場横のソファコーナーは、オーケストラの控え室に使った。

そのメイク衣装班部屋。ここは本番当日は、ほぼ全員の演奏者と演出系のスタッフがメイクをすることになるので「行列の出来るメイク部屋」になることは間違いないが、前日の今日は・・・・おままごとをして遊んでいた(笑)
いやいや、前日になっても注文をつけてくる出演者の要望をかなえるべく、まだ衣装を作っているのだ。



こちらは、そのオーケストラの控え室であるソファーコーナー。
20071208華
オケのメンバーの面々が、それぞれに楽器の手入れを・・・・いや・・・(笑)。
何をしてるのかと言えば、会場を飾る紙花を作っている。
みんながみんな、自分のメインの担当にこだわらず、ちょっとの時間があったら、やれる範囲の手伝いを、お互いに関わり合った。はじめにお願いしたことだけを切り取って参加しているのではなかった。「その部分」で参加しているのではなかった。全員が苺全体に参加しようとしてくれた。「縦」の参加ではなく、あたりまえのこととして「横」に繋がっていた。
にしても・・・花を作るのに、この真剣な様子はどうよ(笑)



こちらは、バンドの控え室となる部屋で行われた、進行に関する打合せ。
20071208進行
照明、記録、司会、映像・・・進行に関わるスタッフを一堂に集め、3時間のショウの流れを説明していく中で、おのおの自分の仕事をイメージしてもらっている。
立っているのは、ペパー軍曹とミスターカイトを演じてくれた司会の二人である。
全体のイメージを掴んでもらうために、進行の説明の中で実際に演技を披露してもらったところだ。



さて、そんなわけで、控え室はうまってしまった。
しかたなく会場横の廊下ではじまったのが、管楽器のパート練習である。
20071208管



場所争いは激しい。
自分たちの練習ができるかどうかは、ここで場所確保を勝ち取るかどうかにかかっている。・・・いったいどんなイベントだい・・・(笑)
こちらが、会場後方の廊下を陣取ったゴスペル班。
コーラスの練習にいそしんでいる。
20071208ゴス



高校の時、運動部にとって雨の日は「廊下」の奪い合いだった。
授業が終わったら、いち早く「好みの廊下」の場所確保に走る。
うまく確保できないと、「階段兎跳び」なんて練習しか出来ないことになる(笑)
そんなことを思い出した、各チームの廊下争い。

さきほど管が練習していた廊下に戻ってみると、今度はジャケ班が練習していた。「ジャケ班」とは「ジャケット隊Jであり「鮭飯」ではない。本番でサージェントペパーズの人間アルバムジャケットを作る人たちの練習である。
何か賄賂をわたしたのか、殴り合いで勝ち取ったのかは主催者の関知するところではないが(そうなのかいっ)、とにかく廊下を勝ち取ったらしく、まさに真剣だ。

なにが真剣かって、先頭で指揮をとるムデオの腰の落とし方が真剣だ(笑)。
20071208ジャケ



さて・・・さらにこちらは涙ぐましい。
20071208門
どこの廊下からも追い出された弱小チームらしく(笑)、ほぼ半分外ともいえる、玄関先の小さなスペースで作業していた。去年も作った会場入り口を飾る「ストロベリーフィールズの赤い門」を作っているのだ。作っているのはスタッフとプレイヤーの混成。「そのとき手の空いていた人」だ。
もうすかり日も暮れた。軽井沢の夜は冷え込む。
「半分外」の作業場だから(笑)、そらー寒い。
みんな防寒を着込んで、作ってくれた。


もっともっと裏舞台はたくさんある。
つい自分の作業でいっぱいになってしまいがちなのだが、できるかぎりみんながやってる顔を見ておきたいと思っていた。できるだけでも、その作業場所に「やってるね~」」と声をかけてまわりたいと思っていた。
それでももっともっとある。
ゴキブリは、1匹見かけたら30匹いる・・・今日載せた写真のオバカの裏には、30倍のオバカがうごめいている(笑)。そうして苺はできあがった。

20071208門完成


明日、この門で、お客さんを迎えるのだ。



スポンサーサイト
【2007/12/24 23:17 】 | 独り言 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
<<苺裏舞台 <PA編> | ホーム | 苺裏舞台 <なりきる人々2>>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ichigokikaku.blog81.fc2.com/tb.php/226-2ae7dd93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。