FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
苺裏舞台 <PA編>
裏舞台ってわけではないが、PAを担当してくれた(有)ジュークさんのことを少し書いておきたい。

8日の13時、予定通りPAのJUKEさん主導の元、音作りがはじまった。
その後各チームのリハが続く。本番の音が今作られてゆく。
いつになく緊迫と興奮が抑えられないのも仕方がない。

その中で、今回音響を請け負ってくれたJUKEさんの仕事は、まさに見事の一言だった。
いや「一言」で書くにはもったいないのだが(笑)、JUKE社長の上條さん、基本的姿勢は「やりたいと思うことは全て言ってみて。できるできないはそれからだ」・・・彼が言い続けてくれたこの言葉に集約されてると思う。私達にも「プレイヤーはこだわりがあるのは当然。ソレは無理だよ、って抑えなくていいからね」と繰り返していた。

いや・・・まず体制のことを書くべきなのだろうか。
10名のバンドに8本のボーカルマイクやアコースティックギターというだけでも小規模とはいえない。その電気を通して鳴らす楽器と、弦や管という空気を震わせて鳴らす楽器を組み合わせる。30名強のオーケストラには2~3人に1つのマイクを置いた。さらに音量の小さいインドの民族楽器には、1台に2つづつのマイクを設置し、さらに14名のゴスペル隊の声も拾う。

さらにいえば、そこに演出上の効果音を挿入したり、リバーブの深さ、左右への音のフリなど、曲ごとに変えてゆくというコダワリも受け入れてもらっている。

これだけのバランスを、「今現在最高の音」ではなく、「明日の本番」を想定しながら作ってゆく。バンドライブのリハセッティング中、「バランスの調整」に入る以前に、耳を突き抜けるような大きな電気音やハウリングが会場に響き、それを抑えることに時間を費やすことも多いと感じてるんだけど(おさまったらOKみたいな)、今回は、これだけのマイクと楽器の多い状況にもかかわらず、そういう基本的なことはあっという間に出来上がってしまった。

バランス・・・これにはミュージシャン間でも異なる主張があるし、
会場に聞こえる音と、ステージ内でミュージシャンに聞こえる音との関係もあるし、
もちろん会場的な限界もある。

ミュージシャンの要望と、それを受けるPA技術者の考えは
ぶつかることも少なくない場面だ。
しかしJUKEさんは、PAはPAのためのPAではなく、お客さんが気持ちよく聞こえることはもちろん、そのためにはミュージシャンが良い演奏をできる「気持ち」のフォローを重視した。

彼は、「音」とは、単に「機械が作る音」ではないと捉えているのだ。
具体的なセッティングの可能不可能という話以前に、「音」には、プレイヤーの気持ちが反映する。コダワリを一蹴されたら、その時点の気持ちが音から離れてしまう。結果的に理想的な形が作れなかったとしても、希望を組み込もうとしてゆくその共同作業の中で、「気持ち」が「音」を変えてゆくこともある・・・という考え方。

「うん、今少し、みんなテンションがあがってるね。
 少し気持ちを浅間山にポーンと放り投げてみようか(笑)」

なんて指示が、PA業者さんのマイクから投げかけられるのを私は初めて聞いた(笑)。
しかしそれで・・・本当に音がはっきりわかるほど落ち着くのだ。

「ボリュームか・・何か変えたんですか」と思わず聞いたら
「いや、僕は何もしていないよ」と笑っていた。


気持ちは音に現れる・・・・
PAは単に卓を操作するだけではなく、プレイヤーと一緒にライブをしている。
JUKEさんはそれをアタリマエのように実践していた。


スポンサーサイト
【2007/12/25 14:19 】 | 独り言 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<苺裏舞台 <他部署編> | ホーム | 苺裏舞台 <あがき編>>>
コメント
Thank you for everyone
取り上げて頂き感謝です。
とにかく搬入・搬出見事だった。
数多くの現場をしてきたが搬入でこんなに手厚い対応をして頂いたのはそうは無い!
何故なら搬入こそが全てを物語っているからだ、それはPAを経験した人間は一番わかっていることだと思う、ありがとう・・・Strawberry field
【2007/12/31 23:04】| URL | JUKE lamijyo #-[ 編集] |

>JUKEさん
カキコミありがとうございます!
お返事遅くなってすみません。ブログには書ききれない数々のアドヴァイスも、本当に「業者さん」とのおつきあいではなく、「イベントの先輩」として、接していただいてるんだって気持ちを感じてました。
それに、私さえも知らなかった、最後のオケチームからの「Good Night」!
どうしてPAが切れてなかったのかと後できいたら、これも快くご協力していただいたとのこと!
本当に楽しいおつきあいを、ありがとうございました!
今年もまた、どこかでお会いできますことを楽しみにしています!
【2008/01/04 22:31】| URL | ☆りっちぃ@管理人 #pBoZlR9Y[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ichigokikaku.blog81.fc2.com/tb.php/227-06b1c935
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。